<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
バラ園の後はWerribeeマンションへ行きました。
ここは1874~77年に羊産業で大もうけをしたスコットランド人が建設したものです。
広大な敷地に建てられたマンションにはいかにもそのまま置かれた人形が動き出して生活しているような錯覚に陥ります。
60もの部屋があり夫々にアンティークの家具や調度品が置かれていました。
e0008586_2115246.jpg
ここはメイドさんがかいがいしく働いている様子が見えます。
e0008586_21484981.jpg

整えられた花壇。
ここも水不足の影響があるのでしょうか?
e0008586_21494537.jpg

ディナーパーティがすぐできる部屋。
e0008586_21503478.jpg

すばらしい絵画に囲まれていて素敵な部屋。
どれも今に通じるインテリアでした。

e0008586_21515168.jpg
e0008586_21522817.jpg

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
11月10日
今日は出発が遅いので(9時30分)のんびり朝をすごしました。
そしてWerribee地区にあるステート・ローズ・ガーデンに行きました。
途中通ったフリンダース駅の時計がそれぞれ違う時間を指していました。
ガイドさんによると電車の発車時間を時計であらわしているとのこと。
珍しいものを見ました。
ドッグランド地区を走り、シドニーのハーバーブリッジと張り合うために、無理やり長く作ったウエストゲートブリッジを渡りました。
バラ園ではダイアナさんのお宅でお会いしたヴェロニカさんと園長のボルさん、そしてボランティアのジョイスさん夫妻と日本に住んだことのある娘さんが同行してくださり園内を回りました。
私たちもボランティア…といって枯れた薔薇を摘んだりしました。
5000株あるというバラ園はボランティアによって支えられているそうです。
e0008586_224019.jpg

ここのコレはうちで今咲いているミモザと似ています。
e0008586_22413313.jpg

広いバラ園にはいろいろなスタイルで薔薇が咲いていました。
e0008586_2242312.jpg
e0008586_22424291.jpg

e0008586_23355482.jpg

すごく興味があったのは薔薇の名前が焼き付けられているレンガ。
1枚1枚焼いてありました。
e0008586_2347449.jpg
手前にある
e0008586_23481474.jpg
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
市場の次はメルボルンの東にあるダンデノン丘陵へ行きました。
道の両側はほとんどがユーカリの木です。
コアラがいるかもしれないとバスの窓から見ていましたが、そうでなくともよく見えないのでコアラにはお目にかかりませんでした。
ところどころ山火事でこげてしまったユーカリもありました。
途中ファーンツリー(大きなしだ)の谷がありました。
このあたりはガイドの土井さんが昔住んでいたということでそのころのエピソード、なぜオーストラリアに住むことになったかなどと身の上話を聞きながらのバス移動でした。
e0008586_2311481.jpg

着いたのはオリンダにあるクロウドヒル・ナーサリー&ガーデンです。
ここのガーデンは見ごたえがありました。
e0008586_23141010.jpg

ここから見る景色はなかなか素敵でした。
e0008586_23145350.jpg

コレは池のそばにあった鉢でよく見ると鏡や焼き物のかけらを集めて作ったもので、ツアーで一緒のTさんご夫妻がやけに気に入って日本に帰ったら造ろうと張り切っていました。
奥様に「家にあった大きさにしてね」といわれているのがおかしかったです。
e0008586_2319061.jpg

鉢はこの写真の左下に置かれていました。
色合いがとてもきれいでした。
e0008586_2320577.jpg

またも気に入った椅子とコーナーです。
センスの良い花、庭園にみんな満足していました。
e0008586_2327412.jpg

これは素敵な色で牡丹もいいなあと思わせてくれました。

ここで売っているガーデン小物も欲しいものばかりでしたが日本に持って帰るのには重過ぎるので写真だけ。
e0008586_2326753.jpg

e0008586_23301080.jpg
e0008586_23314579.jpg

ちょうど造ろうと思っていたトレリス代わりになるパネルがありました。
くり抜く形を考えていましたが楓もいいですね。
e0008586_23345720.jpg

コレも造ろうとしていたものです。
そのうち製品になり店に並ぶかも…
頭で考えていたものが目の前に現れたという感じです。
そういうものが数々ありました。
真剣に見て写真を撮っていたのでランチに遅刻しそうでした。
e0008586_23374831.jpg

ナーサリだけあって苗も豊富にありましたがコレも見るだけ。
思いがけず楽しい場所でした。
案内してくれたオーナーの説明でこの庭園はイギリスのアーツ&クラフトとイタリアのルネッサンス様式が取り入れられていることがわかりました。
20区画に区切られた庭は本当にセンスの良いものでした。
またガイドさんが植物名を正確に訳していると夫がやけに感心していました。
ランチをナーサリー内でとりメルボルンに帰る途中ホームセンターに行きました。
ここでもかって帰るのには重いものばかりで見るだけにしました。
市内に戻ってからは世界遺産にも登録されているロイヤル・エキシビジョン・ビルとカールトン庭園に行きました。
ここも水不足で植えられている植物はほとんど茶色に変わっていました。

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
11月9日
朝から青空が広がり気持ちの良い日です。
メルボルンの朝市。
ヴィクトリアマーケットに行きました。
1000軒もの店が所狭しと並んでいる中で「オーガニック野菜」のコーナーに行きました。
沢山の店がぎっしりありました。
e0008586_21481863.jpg

まずはトマト、ピーマンなどの見慣れた野菜がつんであるのが見えました。
e0008586_2149361.jpg

にんじん、ズッキーニなど。
e0008586_2151911.jpg

あ~レタスミックス。
野菜ってきれいですね。
e0008586_2153042.jpg

大きなセロリ。
e0008586_21531042.jpg

お芋とリーキ。
e0008586_21532513.jpg

ビートルートもありました。
e0008586_21545935.jpg

これはアーティチョーク。
e0008586_21553888.jpg

このかぼちゃはバターナッツかしら?
e0008586_21561185.jpg

ルバーブもあります。
e0008586_2156508.jpg

シルバービーツ。
日本では1年中採れるという意味で「不断草」といわれているようです。
ほうれん草のように味噌汁に入れたりして食べます。
e0008586_2221146.jpg

コリアンダー。
まだまだ沢山撮りましたがうちで売っているイタリアの種と同じ野菜が沢山ありとっても嬉しかったです。
e0008586_223611.jpg

このコーナーには子犬が…
シーズの赤ちゃんが2匹もいました。
スミレの予定日もあと2週間くらいです。

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
ダイアナさんのお庭の後にはコモハウスというところにいきましたが、庭はダイアナさんの後なので「写真を撮らなかった」という人もいるくらい。
ちょっとがっかりの庭でした。
ここは1846年に造られ1959年からナショナルトラストが管理しているそうです。
コモハウスは建物に価値があるのでしょうね。
ここでも結婚式の準備が行われていました。
e0008586_21293948.jpg


e0008586_2165589.jpg
コレは花屋さんの車に乗っていたものでこれからアレンジするようでした。
e0008586_21323411.jpg

駆け足でコモハウスを見学して4連泊するリッジホテルに行きました。
ここはレストラン街のすぐ近くでこの日は「シャークフィン・ハウス」という中華レストランに行きました。
とても混んでいて10人ずつ座りましたが前の人の声も聞こえない騒がしさでした。
私たちと添乗員さんと梶先生でラーメンでも食べようとほかの店に行こうとうろうろしましたが、テイクアウトが無くホテルに戻りました。
薪ストーブの前でコーヒーワインを飲みながら話をしていると、ほかの人たちも帰ってきて、ストーブの前でしばらくおしゃべり。
次の日の朝もゆっくりなので楽しめました。
みんな同じ趣味の集まりなので楽しいわねぇと口々に言っていました。


★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
ダイアナさんのお庭は薔薇と宿根草で夢のような美しさです。
何百枚も写真を撮ってしまいました。
どれも今思い出しても鮮やかによみがえります。
ダイアナさんはオーストラリアのローズソサエティーに属していてオープンガーデンを行っています。
彼女の庭がすばらしいのは薔薇と宿根草がお互いを引き立てあって、色のコーディネートはもちろんのこと、薔薇が咲かない時期も美しく庭を保っているということです。
RHSJのコンテナガーデニングマスター合宿でも玉崎先生が「春はどんな家でも花が沢山咲きそれだけで美しいけれど、プロは花の無い時期こそ美しく保てなければいけない」「どんな季節でも鑑賞に堪える庭造りをしなければプロとはいえない」と教えられましたが、まさしくそうだなあと思わされました。
一緒に植える宿根草は薔薇の美しさを引き立てるだけでなく、薔薇と同じ性質(水を沢山吸うなど)のものは一緒に植えないということにも気を使っているそうです。
e0008586_2122376.jpg

私の最も好きな色合いのばらです。
オールドローズを沢山植えていました。
e0008586_2124329.jpg

2匹のワンちゃんも笑っているみたい。
うちの3匹を思い出しました。
e0008586_212514.jpg

一重の薔薇も清楚で美しいです。
e0008586_21261270.jpg

かかし?
夢のある案山子ですね。
ローズガーデンにも良く似合っています。
e0008586_21271960.jpg

薔薇の誘引の仕方が参考になります。
彼女は薔薇の誘引の講義をしたこともあるそうですがなるほどと思いました。
じっくり勉強したいです。
e0008586_2128313.jpg

ダイアナさんのお庭はアーチや木に絡ませた薔薇が庭をより立体的に見せています。
e0008586_21284241.jpg

テーブルやランタンといった庭の小物がおしゃれです。
e0008586_21293845.jpg

e0008586_21301856.jpg

なんという花か忘れましたが薔薇の花の中にホッとする空間を作ってくれています。
e0008586_21305255.jpg

バードバスもありました。
e0008586_2322161.jpg

椅子とアーチの組み合わせがおしゃれですね。
e0008586_2328151.jpg

この場所はとても気に入り我が家の庭にも是非作りたいと思いました。
来年の目標です。
e0008586_21324794.jpg

e0008586_21352211.jpg

薔薇の間のビオラのポットもかわいかったです。
一日いても飽きないダイアナさんのお庭を後に次の訪問地へ向かいました。
夢の世界でした。
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
11月8日
今日も雨が降ったり止んだりの1日でした・
夏服は要らない寒さです。昨日は冷たい雨の中傘を持たずに移動しましたが、今日は折り畳み傘を持ち移動しました。
e0008586_2119933.jpg

モーニントン半島の右岸フリンダースの展望台に行きました。
雨に煙ってあまり見晴らしが良くなく、さらっと見ただけでした。
e0008586_2121226.jpg

e0008586_21214262.jpg

次に向かったのはアンティークセンター。
広いフロアーにいろいろなものが並んでいました。
新しいものはうちの店に売っているのと同じものがあり、うちの定価より高いものもあり買う意欲がわきませんでした。
でもピーターラビットの額だけはゲットしました。
ランチはStill water(静かな湖)というワイナリーレストラン。
アスパラガスと豆のスープとポークソーセージ。
おいしかったです。

e0008586_22233556.jpg

今日のメインはWavarley地区(中産階級の人たちが住んでいる)のDiana Ficklingさん宅のお庭です。
e0008586_22243758.jpg

薔薇とその他の花の色の組み合わせが素敵でした。
e0008586_22252750.jpg

オールドローズがメインの庭は250種類の薔薇で埋め尽くされていました。
写真は前庭の花たちです。
e0008586_222626100.jpg
e0008586_22302429.jpg
e0008586_22312464.jpg

e0008586_22333245.jpg

>
e0008586_22342149.jpg

次は中庭の様子を載せる予定です。
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
ヘロンズウッドを出て7日の最後の訪問地はモンタルトワイナリーのキッチンガーデンの見物。
ところがオーストラリアには珍しい雨が、5分で止みますよというガイドさんの言葉とは裏腹に降り続きました。
寒いし激しい雨にモンタルトワイナリーではワインの試飲のみになりました。
飲まなかった数人(私たちも)以外は試飲にはまっていました。
オリーブオイルも美味しく、買っている人もいましたが、機内持ち込みはできないので、硬いスーツケースで行かなかった私たちはもし、かばんの中でオイルの瓶が割れてこぼれたら…と思うと買う勇気はありませんでした。
雨に気をとられていて、ワイナリーの写真はありません。
というわけで7日は雨の中すべてのスケジュールは終了。
ホテルに帰るとなんと明日開かれる結婚パーティーの準備がすっかり整い、まるで今すぐパーティが始まるような雰囲気です。
カトラリーまですべてセットされていました。
e0008586_20465530.jpg

e0008586_20492032.jpg

e0008586_2049516.jpg
e0008586_2050589.jpg
e0008586_20503234.jpg

ろうそくに灯がともるのでしょうね。
e0008586_20504711.jpg

花嫁、花婿と、あとは親族の席でしょうか?
e0008586_20512125.jpg

今日の食事はまたチキンだったのでベジタリアンメニュー。
さびしいお味の1品でした。
e0008586_20514488.jpg

2品目はもうデザート。
デザートは美味しかったです。
e0008586_20515623.jpg

食事の後はホテルの図書館で梶先生の薔薇についてのレクチャーがありました。
各自の部屋から椅子を持ち寄って座りました。
薔薇について育て方などいろいろ質問しながら、和気藹々とした楽しい時間が持てました。
充実した1日でした。

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
この日のランチはヘロンズウッド庭園のカフェで…

入り口にはなんとも雰囲気のある如雨露などがありました。
e0008586_21362311.jpg

鶏肉のメニューでしたがサラダや野菜類がたっぷり。
e0008586_21372251.jpg

ここのキッチンガーデンで採れた野菜を使っているので新鮮で美味しかったです。
e0008586_21373938.jpg

食後は苗売り場を通ってガーデナーのMsジュリーの案内で庭園を見学しました。
e0008586_2138138.jpg

苗売り場はほしいものが沢山ありましたが日本に持って帰るわけにも行かずただ見るだけ。
e0008586_21384690.jpg

ダイアンサスとエリゲロンの組み合わせは新鮮でとってもきれいでした。
e0008586_21434575.jpg

イングリッシュガーデンに付き物の椅子。
見ているだけで絵になる場所です。
e0008586_21441910.jpg

ぶどうの棚もありました。
e0008586_2145596.jpg

スィートピー(?)きれいな色です。
e0008586_21462782.jpg

キッチンガーデンもとてもおしゃれに植えられていまいした。
e0008586_21471041.jpg

カーボロネロ。
イタリアの種袋でおなじみ。
お客さんに収穫したのをもらったことがありますが畑に植わっているのを見るのは初めてです。
なんだかとても感動しました。
e0008586_2235792.jpg

これはサボイキャベツ。
見事な大きさです。
e0008586_2243829.jpg

これはスイスチャード。
これも植わっているのを見るのは初めて。
e0008586_22163246.jpg

アーティチョークもずいぶん見事です。
e0008586_2217962.jpg

ユーホロビアもいつかは育ててみたいものです。
e0008586_2261140.jpg

最後に野菜の種を売っている売り場でいろいろチェック。
イタリアの種を扱うようになり、イタリア野菜の名前も結構覚えました。
実際になっているのを見ると日本に帰ったら…
でも日本は冬に向かっています。
種は相変わらず売れますが皆さん春まで袋を見て楽しむのかしら?
私は適温で発芽するかどうかチェックしてくださいと言われている種があるので、日本にもどったら保冷温庫で発芽させて見ないと。
野菜は食べるだけでなく充分鑑賞にも堪えるものが沢山ありますね。
e0008586_2265871.jpg

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング
ソフィーさんのお庭の後はモーニングスター・エステイト・ホテルのバラ庭園に行きました。
ここも結婚式ができそうな素敵なレストランがありました。
e0008586_2119443.jpg

e0008586_21293562.jpg

スタンダードに仕立てられた薔薇が並んでいます。
e0008586_21305623.jpg

薔薇のアーチがお出迎え。
広いバラ園は38万エーカー(*1200坪)の巨大なもので600種もの薔薇が植わっています。
e0008586_2132346.jpg

e0008586_21322276.jpg

e0008586_21325445.jpg

多肉の[寄せ植えがありました
e0008586_21332381.jpg

芝刈りも機械でやっていました。
あっという間の作業です。
e0008586_21335694.jpg

ピンクの薔薇とキ薄紫のキャットミント、色合いが好きです。
うちのキャットミントも春に(オーストラリアは今が春)沢山咲いていました。
e0008586_21343118.jpg

薔薇以外の花も薔薇をよりきれいに見せる大事な脇役ですね。
e0008586_21354624.jpg


★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング