ターシャ・テューダーへの道2

★1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング

6月10日。
いよいよターシャテューダーの庭に行くことができる
モーニングノック(1部屋ずつノックして起こしてくれました)のあと食事をして9時開園のターシャテューダーの庭に向かいました。
5分で着くという庭に8時半に出発。
ところが9時少し前になってもバスは走っています。
運転手に聞くと場所がわからないという。
まさか??
方向音痴の運転手さんかしら。
近くで聞いてもわかりません。
日本では有名なのに。
それにしても30万坪のターシャ・テューダーの庭をたった3時間で見るのに、遅れては2万円の入場料がもったいない…
電話をしても山の中でなかなか電波が届かず、みんなで探しました(信じられない)。
誰かが「NHKで見たときこの池があった~」と叫びなんだか安心。
少し行くとターシャ・テューダーの息子とお嫁さんが迎えてくれているのが見えました。
よかった。
現実だ~とみんな大喜び。

e0008586_21335196.jpg

お嫁さんのマージョリー
e0008586_21344310.jpg

ターシャの息子さんセス

9時半近くになっていました。
さあターシャ・テューダーの庭に。
胸がときめきましたがまず、通されたのがマージョリー(お嫁さん)の庭です。
e0008586_2135417.jpg


e0008586_21362315.jpg

確かにきれいな庭ですが、早くターシャ・テューダーの庭が見たいと思っているわれわれの心は先を急いでいあせっていました。
e0008586_21365899.jpg

野生化しているルピナス
もう、胸がわくわくしてきました。

10時になってしまっていたので今度こそターシャ・テューダーの庭が見られると早足になりましたが、ターシャの庭に行く途中、数人のツアーの方に会い、彼らがこれからマージョリーの庭に行くので、合流するため我々にここで待てといわれました。
e0008586_21381935.jpg

お孫さんのお嫁さん、エイミー
e0008586_21391159.jpg

コーギー犬も一緒です。
役者がそろいました。

ターシャ・テューダーの息子さんとお孫さんがいたので、ターシャの庭に行く前に少し花のある場所に連れて行かれました。
e0008586_2140491.jpg

ん~素敵。

でも、いったい肝心な庭にいつ行かれるのかしら?
ここなら写真をとってもいいかと聞くと、自分はいいけれどエイミー(お孫さんの嫁)が嫌がるといっていました。
この場所の写真は本にあるのでそれを見ろとも言われました。

待つことしばし、やっとターシャ・テューダーの庭に行くことになりました。
ゲートを入ると黒いネット(鳥の網のような)の中だけを見るようにとのことです。
11時に集合するように言われ、いよいよお庭の散策。
30分です。
まだ咲いていない花も多く、日本より1ヶ月遅いという庭はえ~これだけ?
という感じでした。
テラスガーデン以外は手入れがしてあるという感じのしない、ナチュラルガーデン。
テラスガーデンはそれなりの手入れがされていました。
30分(たぶん時間が足りないと思いましたが十分な)たち、いよいよ記念撮影。
ターシャ・テューダーがお出ましです。
はじめはあの聞いたことのある声で挨拶。
やっと会えた~
質問を受け付け、木のいすに座り記念撮影。
握手した手は暖かく、柔らかく、とても庭仕事をしている手とは思えませんでした。
小柄でよれよれの毛羽立ったストール、はだしの足に室内履き。
記念撮影にだけ無理に連れてきたという感じで、なんだか痛々しかったです。
雨も降ってきてここで解散。
ショップに行きそれぞれお買い物。
ターシャ・テューダーと名前が入ったものはすべてほかの店の4~5倍するように感じました。
ガーデニングは好きではないというエイミーの商売上手がやけに感じられ、なんだか素直に喜べないというのが本音です。
一度は話の種に来ても、もう次は…

絶対禁止という写真撮影。
わかったような気がしました。
プロのカメラマンにかかると特にNHKの技術にかかるとあのすばらしい庭ができるのだと思いました。

庭だけならイギリスにもっと素敵な庭がたくさんあります。

確かにあのお年で、絵本作家であるターシャの…という肩書きのある庭。
すごいなあと思いますが、私はなんだか…

きっと、NHKの記者の方のようにじっくり時間をかけ、お庭を見られたら違う感想があったかもしれませんが、実質30分の駆け足ではどう違う目で見ようとしても見られませんでした。
せっかく行ったターシャの庭。
みんながうらやましいと言うようなレポートが出来たら、きっと無理してでもアメリカにいたうちにアップできたと思います。
本当はさっと通り過ぎたい旅行記ですが、私が見た正直な感想を書いてしまいました。
e0008586_2149316.jpg

最後にお庭を出たところでひ孫ちゃんにも会えました。
かわいい姿にちょっと満足。

12時にバスが迎えに来るはずでしたが、寒くて雨にぬれながら、待てど暮らせど来る気配もありません。
送りに出てきてくれた息子さんたちも手持ち無沙汰。
寒くて立っていることができず歩き始めましたが、12時にくるはずのバスが来たのは1時半。
みんな寒さで怒りが収まりません。
運転手が言うには「沼にはまって動けなかった」
バスの横を見に行った人もいましたが信じられませんでした。
バスの中は寒くて震えていましたが運転手は「暖かくなったのでヒーターをはずした」ですって。
そんな面倒なことするかしら?
帰りはトイレ休憩で寄ったスーパーで花の種を買いました。
アメリカから苗は日本に持って帰れなく、種はよいそうです。
ミセスリビングで売っている種とアメリカからの種で帰ったら忙しくなりそうです。
早い時間にホテルに着きました。

ホテルにいると2人で日本から来た女性(子供たちが結婚している)に会いました。
早速仲良くなり、近くにメープルシロップを作っているところがあるというので、その方たちと一緒に行き、無人販売のメープルシロップを買いました。
作っているところは閉まっていたので見ることは出来ませんでした。
金庫がおいてあり、そこにお金を入れるというものです。
考えていたアメリカとちょっと違うみたい。
なんだかうれしくなりました。
e0008586_2149031.jpg

そんなこんなで、今日は1日無事終わりました。

1日1クリックして応援お願いします→ガーデニングブログランキング

ポチッとここをクリックしてください。他の方のお庭も見られます♪

by akaneheaven | 2006-06-20 21:56 | ターシャテューダー